歯列矯正入門

歯列矯正の治療の流れ

治療期間は個人差がありますが、矯正装置をつけてから2〜3年くらいです。子どもや若年期の矯正治療は、歯の動きも良く、大人より早く終わります。
口中や顔の写真を撮る、歯やアゴの骨のレントゲンを撮る、歯型をとる、顔と口元のバランスを見る、噛み合わせを見る、下アゴの動きを調べるなどの検査。
検査結果の説明、診断 結果が出たら、治療方針を決定。 医師の説明をよく聞き、疑問に思う点があれば、その場で解決をしましょう。
矯正前の治療、抜歯 先に周囲の歯のむし歯や歯周病の治療、抜歯を行ないます。
矯正治療開始 ここから、様々な目的の装置を装着します。
治療内容によって、数種類の装置を、時期を分けて装着する場合があります。
保定装置の装着 歯が動いて歯並びがキレイになったら、元に戻らないようにリテーナー(保定装置)をつけます。歯が新しい位置に安定するまでは必要です。
リテーナー装着時も、数ヶ月に1度の割合で通院し、歯並びの状態をチェック。
治療の終了 矯正治療が終わっても半年〜1年に1度の定期検診を受けて、せっかくキレイになった歯並び、噛み合わせを維持しましょう。

※保定とは
矯正後、その位置を保持することです。

小児歯科のある歯医者



おすすめサイト!!